建て主の要望をどれだけ聞いてくれるかの確認は必須

注文住宅の最大のメリットは建て主のイメージ通りにマイホームができ上がることですが、家作りを行う工務店のすべてが建て主の要望を完全に聞き入れるとは限りません。建て主のイメージ通りに家作りが進まない理由は大別すると法律上の規制と工務店の技術力があります。法律上の制限については違反すると家作りそのものが進まないのでやむを得ませんが、工務店の技術力でマイホームの形が変わるのは納得できない問題と言えるでしょう。工務店は家作りのプロですが、必ずしも建て主のイメージを完全に再現できるだけの技術力があるとは限りません。知名度や費用の安さだけで安易に即決せず、使用できる建材や工法などを確認するのが建て主の責務と言えるでしょう。

スタッフの詳細も確認必須な事柄

家作りに関するトラブルで多いのが欠陥工事です。一見すると綺麗に仕上がったマイホームが実際は手抜き工事だったというケースは決して珍しいことではありません。欠陥工事になってしまう理由として無資格のスタッフが家作りに携わることが挙げられます。大工や左官、電気工事士など家作りには様々な技術者が関わりますが、これらの作業には専門の資格や免許が必要です。しかし稀に、資格を持たない素人が家作りを行うことがあります。欠陥工事の多くが無資格者によるものなので、工務店に家作りを依頼する際はスタッフの経歴や所持している資格の確認が欠かせません。家作りに必要な資格を持つスタッフが少ない工務店は欠陥工事を行う可能性が高いので避けるのが賢明です。