明確なイメージをしておこう

注文住宅という選択をする人は、家に特別なこだわりを持っていることが多いです。工務店の魅力はハウスメーカーと比較し、自由度の高い家造りができることです。セミオーダーメイドだけでなくフルオーダーメイドにも対応できます。もちろん建物の安全性を損ねたり、法律に接触したりする注文には対応できませんが、これらに接触しなければ大丈夫です。

工務店に注文住宅造りを依頼するならば、まずは建てたい家のイメージを明確にしてください。頭のなかで想像するだけでなく、企画書を作成して詳細まで詰めていきましょう。具体的にどのような家にしたいのか書いておかないと、途中で忘れてしまう可能性があるからです。また希望条件に優先順位をつけておけば、工務店の担当者と住宅設計、費用などを模索していくときにスムーズになります。

工務店の性格を知っておく必要がある

工務店全般の特徴として地域密着型であること、施主の希望を明確に反映させられることなどがあります。ただし工務店によって性格は異なり、例えばシンプルな造りの注文住宅の建築がメインの工務店だと、複雑な設計の住宅に対応できない場合があります。平屋の注文住宅を建てたいならば、二階建ての施工経験しかない工務店に依頼しても満足いく仕上がりにならない可能性が高いです。

工務店選びで失敗するとイメージとかけ離れた住宅になりかねないので、事前に工務店の施工事例をチェックして得意分野を把握しておきましょう。ほかにも住宅設計の再現度も重要であり、建てたい注文住宅のイメージを事細かく決めても、それを実現できないようでは意味がありません。企画書どおりの家造りができるかどうかは、工務店の腕の見せどころです。

建売住宅を購入するメリットは、リーズナブルな価格設定で販売されている事です。また、実際に建物を見てから購入出来ますし、すぐに住み始める事が出来るというのも魅力です。