市街化調整区域とは?

市街化調整区域とは、市街化を抑制することで、山林や農地の保護などを目的にした土地のことです。そのため、多くの人がその土地に住むことを想定していません。街づくりがすすまず、インフラ整備にも悩む土地がほとんどです。なお、市街化調整区域であっても、開発許可を取得さえすれば、注文住宅を建設することはできます。ただし、さまざまな制限があるので注意してください。そのため、安く土地が購入できたとしても、すぐに家を建築できるとは限りません。 例えば、新築だけでなく、すでに建てた家の建て替えや改築にも開発許可が必要です。なお、開発許可は土地が属する地方自治体が管轄しているので、市街化調整区域の土地を購入する前に、よく調べておくようにしましょう。

市街化調整区域に注文住宅を建てるデメリット

市街化調整区域に家を立てる場合には、多くのデメリットが存在することを念頭に置いておきましょう。市街化調整区域はインフラ整備が不十分なことがあります。上下水道が近隣まで来ていなかったり、ガス管がなくプロパンを用意しなければならない場合が少なくありません。都市部から遠く買い物にも苦労する可能性が高いです。環境がよくとも住みづらいと感じることが多いので、注意して購入しましょう。

また、不便な土地であることから、ニーズが少なく手放す際になかなか買い手が現れません。くわえて諸手続きの不便さや土地利用に関する制限の多さが、さらに買い手を少なくします。市街化調整区域の土地売買には、さまざまな法令や条例の知識と、買い手を探すだけのコネクションが必要です。そのため、一般の土地所有者が売却するのは難しいでしょう。

分譲住宅は、築年数が経過しているものもありますが、注文住宅と異なりすでに施工が完了した物件を見学してから購入を検討できるという長所があります。